紫外線が強く、湿度が高く、汗や皮脂など夏の肌はトラブルが起きやすい状態になっています。
どんな対策をすれば良いのでしょうか?
まとめてみました。

B3D3E595-E519-47D7-8083-4EFC8EDD5821



✅紫外線対策
年中、紫外線は降り注いではいますが、春から夏の紫外線量はピークになり、シミ・シワの大きな原因にもなるので、しっかりとした対策をしましょう。

【敏感肌の方向き日焼け止めの記事コチラ👇】

http://chousen-mama.com/archives/6008743.html


セラミドによる肌バリアの補助・ビタミンCの抗酸化作用のあるスキンケア、美白用ラインのスキンケアに変えるのも効果的です。


✅クレンジング
SPFが高い日焼け止めや、皮脂吸着作用のある下地などを使う機会が増えるため、クレンジングはしっかりしましょう。
その際、肌に負担がかからないように。


【ゴシゴシこすってませんか?肌対策の記事👇】

http://chousen-mama.com/archives/6240342.html


✅夏でも基本は保湿
夏になると、皮脂分泌が増え、湿度が上がり、汗をかき肌が潤っていると思われがちですが、体と同じく水分補給は必須となります。
ただし、テクスチャーのさっぱりした質感のものに変えたり、水分主体の美容液やジェル状の保湿剤にすることで、ベタつきを抑えることが出来ます。


【化粧水の種類や使い分けの記事は👇】

http://chousen-mama.com/archives/6089126.html



✅エアコン環境下での乾燥対策
外では汗をかいたとしても、屋内でのエアコンの環境下にいると、肌は乾燥を感じます。
スプレータイプ・ミストタイプの化粧水を吹きかけたり、化粧直しの際に、スティック状の美容液などで保湿するのをオススメします。

【私自身は、IPSA イプサのスティック状美容液を使用しています】




✅汗はどうする?
汗をかいたり、皮脂が出たままにしておくと、雑菌が繁殖しやすいので、優しく抑えて拭き取り(木するのは摩擦で肌に負担がかかる)、保湿し拭き取った部分に日焼け止めを塗布しましょう。
ファンデーションなどで、日焼け止め自体が塗れない場合は、UV効果のあるフェイスパウダーを使用しましょう。


【敏感肌の方も使いやすいUVパウダー】




✅テカリを防ぐ
・メイク前にテカリやすいTゾーンだけ、オイルクレンジングをしたり、クーリングをして毛穴を締めるとテカリが軽減されます。
・Tゾーンのみ、皮脂防止くずれの下地を使用。


✅肌の赤み
肌荒れやほてりからの肌の赤みには、グリーン系のカラーコントロールを使用しましょう。
日焼けした場合は、まずはクーリングと保湿を心がけましょう。


【コントロールカラーについての記事は👇】

http://chousen-mama.com/archives/6020739.html