髪の毛がツヤツヤ、サラサラ、ふんわり…
そんな人がいたら、見つめてしまいませんか?

ヘアケア・洗髪の方法を見直してみましょう。

39493161-4410-4DF2-B43B-9CC6CA6545CA


❶洗髪の前に軽くブラッシング
髪の毛のからみや汚れをブラッシングでとることで、洗髪時の抜け毛や切れ毛を防ぎ、泡立ちもよくなります。
ブラッシングにより、血行もよくなるため、頭皮の汚れが浮き、流しやすくなります。


❷髪と地肌を十分に濡らす
シャンプーの泡立ちをよくするためには、髪と地肌を十分に濡らす必要があります。
これは、髪を傷めず、地肌をしっかり洗うためです。シャンプーの泡は、汚れを落とすことと、髪同士の摩擦を防ぐ役割もあります。


❸泡立ててから髪にシャンプーを
シャンプーの原液をそのまま髪や頭皮に付けてしまうと、刺激が強すぎたり、ムラが出来てしまいます。手に取ってよく泡立て、後頭部や側頭部から全体になじませていきましょう。


❹爪を立てず頭皮を揉みほぐす
地肌を指の腹でマッサージするようにもみ洗いしましょう。
耳の後ろや襟足、もみあげ、側頭部は、洗い残しが多い部分なので丁寧にシャンプーの泡がいき渡るようにしましょう。


❺すすぎは十分に
シャンプーが残らないように、しっかり洗い流しましょう。❹と同じく、耳の後ろや襟足、もみあげ、側頭部は念入りに。


❻トリートメントは毛先に
トリートメント類は、毛先にだけつけ、しばらく馴染ませた後にしっかり洗い流しましょう。
地肌につけると、毛穴詰まりやニキビの原因に。


❼タオルドライは優しく
タオルで、ガシガシゴシゴシせず、優しく髪を挟み込むように水気を取ります。
髪の毛を擦り合わせると、キューティクルが傷みやすくなります。


❽ドライヤーは近づけ過ぎない
ドライヤーは、髪の毛より10cm以上離し、水分を吹き飛ばすように。
10cm以上離すことで、髪の毛に与える熱が高くなり過ぎず、傷みにくくなります。
乾ききる前には、冷風に切り替えて熱による髪のダメージを減らしましょう。






基本的な洗髪をマスターして、さらに自分に合ったシャンプーやトリートメント、ヘアオイルなどを見つけて、髪の毛美人を目指しましょう。